合田道人

合田道人 プロフィール

合田道人(ごうだみちと)のプロフィールをご紹介

合田道人

生年月日:1961年12月13日 出身地:北海道釧路市 血液型:B型

(社)日本歌手協会 常任理事 (社)日本音楽著作権協会(JASRAC) 正会員

1979年、高校在学中に渡辺プロダクションから、シンガー・ソング・ライターとしてデビュー。翌年数々の新人賞を受ける。

その後、音楽番組の構成、司会、CD監修解説に加え、新聞、雑誌での執筆、作詩作曲、ラジオDJなど多方面で異才を発揮する。

2002年、処女作『案外、知らずに歌ってた 童謡の謎』(祥伝社)を発売、童謡ブームの火付け役として、朝日新聞「天声人語」、テレビ朝日「徹子の部屋」、フジテレビ「トリビアの泉」ほか数々のマスコミに取り上げられ、シリーズ60万部突破の大ベストセラーを記録。その後もシリーズ化、「童謡の謎」「童謡の風景」は、現在第11弾目を数える。その一方で、童謡の謎を朗読しながら歌うCD『童謡の秘密』「童謡なぞなぞ」などを発売し話題、「合田道人 童謡なぞなぞコンサート」を開催、全世代によく知られる童謡に秘められた意味を紐解きながら届けるコンサートは、「童謡で感動するとは思わなかった」と各地で好評を得る。

各地の自治体や様々な企業での講演・セミナーでも、歴史・平和・命の大切さ・親子…とさまざまなテーマを含んで喋って歌う「童謡には秘密がいっぱい」スタイルが人気をよんでいる。

また『怪物番組 紅白歌合戦の真実』(幻冬舎)『紅白歌合戦の舞台裏』(全音楽譜出版社)を上梓、間違った通説や新事実などの内容が話題になり、紅白博士としても認知され、古賀政男記念博物館で行われる「合田道人このひと、歌暦」でも人気が高い。2011年からNHK-R1「昭和歌謡ショー」にも歌謡史研究家としてレギュラー出演。さらに各地で「再現!紅白歌合戦」コンサートの構成、司会も担当している。

執 筆

文庫本「神話をひも解きながらめぐる神社の旅」(祥伝社黄金文庫、2015年10月)
文庫本「本当は戦争の歌だった 童謡の謎」(祥伝社黄金文庫、2015年7月)
文庫本「さらにパワーをいただける神社の謎」(祥伝社黄金文庫、2014年9月)
単行本「伝え残したい 童謡の謎 ベストセレクション」(祥伝社、2014年2月)
文庫本「全然、知らずにお参りしてた神社の謎」 (祥伝社黄金文庫、2013年9月)
単行本「紅白歌合戦の舞台裏~誰もが知りたい紅白の謎の歴史」(全音楽譜出版社、2012年12月)
単行本「童謡の玉手箱」(神戸新聞、2011年4月)
単行本「童謡の風景3」「みんなで歌おう童謡・愛唱歌3」(北海道新聞社・中日新聞社・山形新聞社・新潟日報社 2010年5月)
単行本「あなたの街のご当地ソング ザ・ベストテン!」(全音楽譜出版社 2010年3月)
単行本「童謡の風景2」「みんなで歌おう童謡・愛唱歌2」(北海道新聞社・中日新聞社・山形新聞社・新潟日報社 2009年7月)
単行本「童謡の風景」「みんなで歌おう童謡・愛唱歌」(名古屋・中日新聞社ほか 2008年9月)
単行本「日本人が知らない外国生まれの童謡の謎」(祥伝社、2006年10月)
単行本「本当は戦争の歌だった 童謡の謎 CD付き」(祥伝社、2005年7月)
文庫本「童謡なぞとき こんなに深い意味だった」(祥伝社、2004年10月)
文庫本「案外知らずに歌ってた 童謡の謎2」(祥伝社、2004年4月)
文庫本「案外、知らずに歌ってた 童謡の謎」(祥伝社、2003年10月)
単行本「童謡の秘密 知ってるようで知らなかった」(祥伝社、2003年6月)
単行本「こんなに深い意味だった 童謡の謎3」(祥伝社、2002年11月)
単行本「歌になった にっぽん昔話・伝説の謎」(幻冬舎、2002年10月)
単行本「こんなに不思議、こんなに哀しい 童謡の謎2」(祥伝社、2002年6月)
単行本「案外、知らずに歌ってた 童謡の謎」(祥伝社、2002年2月)

CD「本当は戦争の歌だった童謡」(キングレコード、2015年7月)
CD「合田道人全曲集」(徳間ジャパンコミュニケーションズ、2013年5月)
CD「みんなで学ぼう!童謡なぞなぞ」(徳間ジャパン、2006年11月)
CD「歌と朗読で綴る 童謡の秘密」(ビクターエンタテインメント、2003年10月)
倍賞千恵子2枚組CD「まるで映画のひとこまのように…」 (ソニーミュージック、2003年)監修と解説
いしだあゆみCDボックス・セット「さすらいの天使」 (日本コロムビア、2002年)監修と解説
小柳ルミ子CDボックス・セット「小柳ルミ子CD・BOX」 (ビクターファミリー、2002年)監修と解説
アグネス・チャンCDボックス・セット「アグネス・チャンCD・BOX」 (ビクターファミリー、2002年)監修と解説
弘田三枝子CDボックス・セット「マイ・メモリィ」(日本コロムビア、2001年)監修と解説
「どうよう歴史館」「四季の童謡・愛唱歌」などの童謡CDシリーズ (日本クラウン、2001年〜)監修と解説 /ほか
ちあきなおみCDボックス・セット「ねぇ あんた」(日本コロムビア、2000年)監修と解説

新聞連載「常識の不思議」(スポーツニッポン、2001年)
 〃  「歌・人・その風景」(西日本新聞、他、96年)
 〃  「みんなで歌おう童謡・愛唱歌」(東京新聞、中日新聞、北海道新聞ほか計15紙、2007年~2010年)  /ほか
雑誌連載「紅白を彩ったあの新しき歌たち」(月刊歌の手帖、98年〜)
 〃  「大ヒットに隠れた名曲たち」(月刊ソングブック、96年〜)
 〃  「日本歴代名歌手辞典」(月刊カラオケfan、93年〜)    /ほか

パーソナリティー

「合田道人の歌はともだち!」STVラジオ(2010年~)
「合田道人“童謡のなぞとき”」(全国6局ネット、2002年10月〜)
「にっぽん歌だより」(JAS機内放送、2000年〜2001年)
「演歌探偵団」(ラジオ日本、他、96年〜99年)                     
「合田道人のふれあい歌謡広場」(TBSラジオ〜有線ブロードネットワークス、FM水戸、94年〜) /ほか

司会・舞台構成

小原孝ピアノ・シアター「童謡の謎」(2008年 原作・構成・演出)
水前寺清子コンサート 〜ドラマティック、アコスティック、チータティック〜(2008年 構成・演出)
倍賞千恵子コンサートツアー「ありがとうふるさと ありがとうあなた」(2004年〜 構成)
「大正ロマン 夢と心」(日本音楽著作権協会、2002年、2003年※総合プロデュース)
「歌謡祭」(日本歌手協会、98年〜※2000年までは構成のみ。2001年より司会も担当)
「歌で振り返る40年」(四国放送開局40周年特番、99年)
「再現! 思い出の紅白歌合戦」(新宿コマ劇場出張公演ほか、93年〜)   /ほか